学研の幼児教室は、2歳から8歳までを対象とした幼児教室です。
子供の頃、学研の雑誌や付録を使っていた!という親御さんも多いのではないでしょうか。

学研幼児教室の特徴

オリジナル教材が楽しい

机に向かって紙の上だけで知識を詰め込んでも、子供はすぐに飽きてしまいます。
楽しくないと感じ、勉強=嫌いとなってしまいます。
学研幼児教室では楽しく遊びながら学べる、オリジナルの教材を使用しています。
面白そうと興味を持つ教材なので、飽きずにずっと続けることができます。

遊びが学びになる

学研幼児教室は、さまざまな刺激を受けられるカリキュラムです。
幼少期はたくさんの刺激や経験をすることで、脳の発達が促されます。
特別なことをせずに大好きな遊びで学べるので、自然に能力を伸ばすことができます。
楽しくできれば、子供の負担にもなりません。

指導員の質が高い

学研幼児教室では経験豊かなベテラン指導員が指導しています。
学研の「教育総合研究所」所定の研修を修了していますので、実力があります。
これまでの経験や知識により、子供一人一人に合った指導をしてもらいやすいです。
また細かい部分にも気づきやすく、子供の能力を伸ばしやすいです。
原則15名のクラスに1名の指導員となり、一人一人に目が行き届きやすくなっています。

学力をつけるだけではない

幼児教室というと勉強をするところとうイメージがありますが、学研幼児教室はそれだけではありません、
周囲のお友達と楽しく学びながら、社会的応力を養うことができます。
そして情緒が安定し、健やかな成長をサポートします。
勉強ができるだけでは、長い将来を過ごしていくのは難しいです。
幼稚園や小学校に入ってから、周りと協調できずに苦労することも考えられます。
学研幼児教室では知恵と心のバランスがとれた人間になれますので、よりよい人生を送りやすいと言えるでしょう。
また育てやすい子どもとなりやすく、親にもメリットがあります。