どんちゃか幼児教室は、生後6ヶ月から通える幼児教室です。
成長に合わせたカリキュラムで、楽しく知性を伸ばすことができます。

どんちゃか幼児教室では、5つの力を付ける教育を行います。

人前力

みんな同じようにふるまい、同じような考え方をするのでは面白くありません。
人は本来みんな違うのですから、個性があって当然。
どんちゃかう幼児教室では個性を大切にし、自分を表現しアピールできる力が「人前力」です。
子供は褒められたり、注目されることで、自信や快感を得ることができます。
悪い気持ちにはなりませんから、もっと褒められたい、注目されたいと思うことにより積極性が出てきます。

競争心と思いやり

人に勝ちたいと思うことで、頑張る力を付けることができます。
みんなが頑張っているから、自分も頑張ろう!と思えるようになります。
また勝つためにはどうしたらよいのか、工夫や知恵を絞るようになります。
ただ自分が勝てば、後はどうでも良いというわけではありません。
負けたときに気持ちも味わうことで、買ったときも負けた子の気持ちをはかれるようになります。
他人を思いやる気持ちが自然に育つのです。

思考力と理解力

すぐに答えがわかってしまうと、自分で考える力を付けることはできません。
なぜ?、どうして?と思うことで、自分で調べ考え、解決できる力を付けることができます。
わかったときの達成感を味わうと、次の問題を解決しようという気持ちにもなれます。
途切れることがない探求心が、学力の向上にもつながります。

集中力

子供は興味のないことは、すぐにあきてしまいます。
どんちゃか幼児教室ではメリハリのある授業で、集中力をアップさせます。
先生の話を集中して聞かせる時間をつくることで、自然に集中力を付けることができます。

勇気と我慢

やってみようと思う気持ちを、応援してくれるのがどんちゃか幼児教室です。
我慢をするのは自分を抑えることになりますが、これは非認知的能力と言われています。
この能力があると友達など周囲の人たちとの関係が良好になりやすく、将来プラスになることが多いとの調査結果もあります。

⇒ どんちゃか幼児教室公式サイトでさらに詳しく