頭が良い子に育てたければ、机に向かって勉強をさせようとする親が多いかと思います。
「外で遊ぶ時間があったら勉強をしなさい!」と、子供のとき親に怒られた記憶がある方も多いのではないでしょうか。
しかし頭の良い子にしたければ、運動をさせるのがおすすめです。
運動をすると、前頭前野が活発に動きます。
脳が動くということは、脳が刺激されているということ。
つまり脳が発達し、頭がよくなるというわけなのです。

運動をした方が頭が良くなるというのは、イリノイ大学のチャールズ・ヒルマン教授の研究でも明らかになっています。
言語能力が高くなることもわかっています。

運動をすれば良いなら、スポーツ系の習い事をさせれば良いと思うかもしれません。
しかしわざわざ習い事をしなくても、運動をすることはできます。
親子で一緒に体を動かすだけでも、子供にとっては運動になります。
一緒に遊ぶことで、親子のコミュニケーションもとれます。
ただ共働きなどでなかなか一緒に運動をできない、できるなら脳をより活性化できる運動をさせたいという親もいるでしょう。

おすすめなのが幼児教室です。
幼児教室には知育系、英語系、幼稚園や小学校受験系などがあります。
運動で知能を発達させられるのが、知育系の幼児教室です。
知育系の幼児教室では、ペーパーで学ぶだけではありません。
何かを作成したり、運動をしたり、さまざまな方法で、知能を伸ばしていきます。
体を動かすことができるので、頭の良い子に育てたいならぴったりです。

近年は幼稚園や小学校受験でも、ペーパー試験だけでなく運動が試験科目になっていることが多くなりました。
勉強ができるだけでなく、身体能力も優れている子が求められていると言えるでしょう。
幼稚園や小学校受験を考えているご家庭も、小さいときから幼児教室に通わせておくのがおすすめです。
まずは知育系の幼児教室で知能を伸ばし、それから幼稚園や小学校受験に特化した塾に通わせても遅くはありません。