子供のIQは3歳までで決まると言われています。
IQを上げるには、この時期にどうやって子供と接するかにかかっているのです。

子供のIQを上げる方法

たくさん会話をする

親にたくさん話かけられて育った子は、IQが高くなるとの報告があります。
語彙力が高く成績も良くなります。
いつから話しかけていれば良いかですが、お腹の中にいるときからがベスト。
体内でも赤ちゃんは言葉を聞いているためです。
ただ話しかけるのは、どんな言葉でも良いわけではありません。
怒ったり罵倒したりすると、脳が委縮してしまいます。
ポジティブで愛のある言葉で語りかけてあげましょう。
この方法は費用や道具などが不要ですので、誰でもできますね。

本を読む

本を読んであげると、子供の脳が刺激されます。
語彙力、創造力などが育ち、絵本なら視覚にも刺激を与えられIQアップが望めます。
また親子のコミュニケーションを取れ、良いことづくしなのです。
また子供に音読をさせるのもおすすめです。
言葉を覚えやすくなるためです。
上手に読めたら、たくさん褒めてあげましょう。
たくさんの種類の本を読んであげても良いですが、子供が気に入っている本をなくり返し読んであげてもOKです。

知育玩具を使う

子供の年齢に合った知育玩具で遊ばせることにより、子供のIQを伸ばすことができます。
赤ちゃんなら聴覚や触覚などを刺激できるもの、少し大きくなったらパズル系の知育玩具も良いでしょう。
昔ながらの積み木も、知育玩具の一つです。
手先を使うことが脳への刺激になりますし、パーツを組み合わせて何かを作ることで創造力がつくためです。
知育玩具を与えるときは、子供が興味を持つもので遊ばせるようにしましょう。
IQが上がるからと無理に遊ばせようとしても、子供は嫌なイメージを持ち脳に良い刺激とはなりません。
子供が気に入るものを探すのが大変だったり、すぐに飽きてしまって困る…という声もありますが、IQを伸ばすためには子供が遊びたいと思う知育玩具を見つけてあげてくださいね。