小学校受験の面接、何を着ていったらよいの?と悩む方も多いでしょう。
服装により、イメージが良くなったり悪くなったりすることはあります。

親の服装は紺系のスーツが基本です。
母親はツーピースやスリーピースが良いです
パンツスタイルよりスカートにしましょう。
スカートはミニは避け、膝が隠れる丈を選んでください。
靴は黒のパンプス、デザインが凝ったものではなく、シンプルがベストです。
アクセサリーは身に着けても良いですが、派手なものはさけましょう。
さりげなく付ける程度にしてください。

父親は紺か黒系、暗めのグレー系のスーツがよく選ばれます。
靴は黒の革靴が良いでしょう。
母親の服装は注意をしますが、父親の服装は適当に選んでしまうこともあるようです。
父親の服装もしっかり見られていますので、注意をしてください。

子供の服装ですが、女の子は紺か黒系のワンピースに、白いブラウスが無難です。
ボレロやカーディガンを着用しても良いです。
男の子は白いポロシャツに紺か黒の半ズボンが基本です。
ジャケットやカーディガンを上に着てもOKです。

女の子も靴下は白、靴は黒の靴、白の運動靴などにしましょう。
子供が気に入っているとしても、キャラクター付きの靴はNGです。

どこで購入するかは、人それぞれのようです。
百貨店で高級ブランドのものをそろえる人もいますし、インターネットで安価なものを購入する人もいます。
どこで購入してもかまわないでしょう。
ただ体に合っており、清潔感がある服装でなければなりません。
面接の前に一度着てみて、チェックしておくのがおすすめです。

みんな同じような服装なので、ちょっと違った方が良いのでは?と思う方もいるようです。
その方が個性があるように見えますし、目立つので面接官に注目してもらえます。
しかしあまり目立ちすぎるのは、良いとは言えません。
協調性がないと思われたり、注目されすぎると悪い部分が目につきやすくなったりするためです。
一般的な服装で、面接を受けるようにしてください。