小学校受験で、不安なのは面接ではないでしょうか。
どんなことを聞かれるの?
どんな風にふるまえば良いの?など、どうした良いかわからない…という保護者が多いのではないでしょうか。

小学校受験での抑えておきたいポイント

挨拶をする

挨拶は基本的なことです。
これができない子は、しつけができていない、協調性がないとして良い評価は得られないでしょう。
「失礼します」「ありがとうございました」などが、言えるようにしておきましょう。
ただ言葉を発するだけでなく、面接官の顔をみて言えるのがベストです。
面接官が複数いる場合は、すべての面接官の顔を見るようにしてくださいね。

気を抜かない

子供は自分が質問されていないときに、気を抜いてしまうことがあります。
落ち着きがなく動いてみたり、あっちを見たり、こっちを見たり…ということがないようにしましょう。
質問をしていない子供も、面接官はきちんとチェックをしています。
親子面接なら親が、集団面接なら他のお友達が質問さえているときも、お行儀よくできるかが重要です。

はきはき答えられるようにする

どんな質問にも、はきはきと答えられるようにしておきましょう。
答えに詰まったときも、しっかりと話せるようであれば問題はありません。
自信がなさそうに答えたり、もじもじしながら答えたりしないようにしましょう。

親も面接対策をしておく

また小学校の面接では、親への質問もあります。
親も面接対策をしておくことをおすすめします
親への良くある質問は、教育方針、子供の良いところ、家庭での過ごし方などのようです。
母親だけでなく、父親へ質問されることも少なくはありません。
受験対策はお母さんがメインで行う家庭が多いかと思いますが、お父さんも面接対策はしておいた方が良いでしょう。

おすすめなのは、本番前にシュミレーションをしておくことです。
子供も親も面接になれておくことで、スムーズに進めやすくなります。
家庭で一丸となって、面接を乗り越えましょう。