少子化がすすみ、1人の子供にかける教育費が増えているようです。
小学校受験をさせるケースも少なくなくなりました。
しかし小学校受験は、不要という声もあります。
公立小学校なら受験をしなくても入学ができます。
それなのに小さいうちから受験勉強をさせるなんて、かわいそうというのです。

ただ小学校受験には、メリットもあります。

進学がしやすくなる

私立の小学校に入ってしまえば、大学までストレートで進学ができるのが最大のメリットです。
学校内の試験を受ければ、進学ができます。
高校受験、大学受験などのことを考えると、非常にラクになると言えるでしょう。
小学校受験は、将来のためになるのです。

個性を尊重できる

子供の個性や能力はそれぞれです。
教育方針がそれぞれの私立小学校は、その個性や能力を伸ばしやすくなります。
公立高校は万人に合わせた教育となるため、個性が埋もれてしまいやすいんですね。
能力を伸ばすののであれば、私立小学校の方が良いとなります。

教師との信頼関係が築ける

公立小学校は、教師の転勤があります。
せっかく信頼できる教師と出会えたのに、指導を受けられなくなる…とうこともあります。
私立小学校は基本的に、同じ学校に勤務をしています。
長くかかわることで子供や親との信頼関係を築きやすいです。
また教師のレベルが変わらないことになるのもメリットです。

友達ができやすい

公立小学校で友達になっても、別々の中学校や高校に進学することも多いです。
私立小学校は、中学、高校、大学までと、一緒に進学して行けます。
小学校の友達が、一生の友達になる可能性が高いのです。

小学校受験はデメリットもあります。
幼児教室に通わせたり、受験にかかる費用や苦労も大きいです。
しかしそれを乗り越えての受験合格は、嬉しさや達成感も高くなるでしょう。
画一的な公立小学校の学習に疑問を感じている、子供の能力を伸ばしたいのであれば、小学校受験をした方が良いと言えるでしょう。