子供の脳は2歳までで60%、6歳までで90%出来上がると言われています。
幼児期に様々な刺激を受けることで、子供の個性を伸ばすことができます。

家庭でも教育はできますが、完璧に行えるという親御さんは少ないでしょう。
共働きで忙しいといった家庭では、子供と触れ合う時間も少なくなってしまいます。
そこで活用したいのが、幼児教室です。
幼児教室に通うと、以下のような効果があると言われています。

子供の良い部分が伸びる

良いところ、悪いところ、得意なもの、不得意なものなど、子供によりそれぞれ異なります。
幼児教室では、その子供の良い部分、得な部分を伸ばすことができます。
親が気づかなかったようなことに、実は高い能力があったという発見ができることもあります。
子供の個性を伸ばすには、幼児教室は効果的です。

自立心を育てる

幼児教室では子供やりたい、自分でできるという達成感を与えます。
いつまでも親の言うことばかり聞いているような子供は、自分では何もできない人間になってしまいます。
幼児教室に通うことにより、自立心が育ちます。
またできないことでもやり遂げる力を見につけることもできます。
何事もあきらめないことにより、集中力が付き、学習能力も高くなります。

社会性が身につく

核家族化が進み、近所付き合いも少なくなっている昨今。
親とだけ過ごしていると、コミュニケーション力が付きません。
幼児教室で先生や友達と過ごすことで、社会性を身につけることができます。
順番を守るなどの社会のルール、人を思いやる心をもち、優れた人間性の大人になれるでしょう。

学ぶのが好きな子になる

いやいや学ぶと、勉強が嫌いな子になってしまいます。
幼児教室では楽しく学ぶことができるので、勉強=楽しいというイメージを植え付けることができます。
親に「勉強をしなさい」と言われなくても、自ら学ぶ子になれるのです。
小学校に上がってからも勉強が楽しくできれば、学力は伸びるでしょう。