幼児教育の必要性

近年は幼児教育の重要性が注目されています。
政府が幼児教育の無償化を進めているのも、その一つでしょう。
人間の脳は3歳までには80%が形成されると言われています。
人間の基礎をつくる大切な時期なのです。

家庭だけの教育では限界があるとして、利用されているのが幼児教室です。
子供の数が少なくなり、1人の子供に多くのお金をかける家庭が増えてきました。
より高い教育を受けさせたいとして、幼児教室に通わせる家庭が増えてきているのです。
早ければ早いほど良いとされており、生まれてすぐに通うケースも少なくはありません。

あまり小さいうちから幼児教室に通わせるなんてかわいそう!という声もあります。
ただこういった方は、幼児教室を塾のようなものと思っているのではないでしょうか。
幼児教室は文字や計算を詰め込むものではありません。
遊びを通して脳を鍛え、学んでいくようになっています。
遊びであれば子供は特に勉強をしているという意識はありません。
楽しいのでまたやりたい、行きたいと思うので、子供がかわいそうということはないのです。
また親と一緒に通う幼児教室では、親も学ぶことができます。
子供への接し方や、家庭での遊び方などを学ぶことにより、子供との信頼感が深まります。
一緒に学ぶことで子供とのスキンシップもできるでしょう。

幼児教室で脳を鍛えた子は、積極性や自主性があると言われています。
あきらめない粘り強さ、向上心もあり、学力の向上にもつながります。
また情緒が安定し、社会的応力が高くなるともされています。
コミュニケーション力があるので、幼稚園や小学校でも周囲と調和をとりながら過ごすことができます。
知力も精神力もある将来優秀な人材になることが、約束されたようなものになるのです。

幼児期にどのような教育を受けてきたかにより、将来が決まるといっても過言ではありません。
幼児教育は人間形成をする上で、非常に重要なものであると言えるでしょう。

幼児教室では何を教えているの?

子供時代の過ごし方によりIQや情緒、性格などに差が出ると言われています。
幼児教室で刺激を受けることで、賢い人間に慣れます。
賢いとは、勉強ができるというわけではありません。
人間的に魅力がある、自立した大人になることができるのです。

幼児教室では、子供の年齢により内容が異なります。
0歳〜1歳までは、五感を刺激することを重視した内容となっています。
学習というと読み書きをイメージしますが、この年齢ではまだ早すぎます。
聴覚、視覚、触覚、味覚、臭覚を刺激することにより、脳が発達しやすくなります。

音楽を聞く

赤ちゃんは視覚よりも、聴覚が発達しています。
音楽などの音は、子供が興味を持ちやすいです。

指先が使えるおもちゃなどを与える

にぎったりつまんだりできるおもちゃで、指先を使います。
いろいろな素材のものを使うのもおすすめです。

マッサージをする

ママとのコミュニケーションを取れるのが、ベビーマッサージですこの年代を対象とした幼児教室は、ママと一緒に遊んで学べることが多いです。
親子の触れ合いは、子供には重要なことです。

1歳くらいになると、体が動くようになります。
コミュニケーションも取れるようになります。
お友達と一緒に遊ぶことにより、社会のルールを学ぶことができます。

お絵かきをする

クレヨンなどを使うことにより、手先が器用になります。

ボール遊びをする

からだを動かすことにより、運動神経を発達させることができます。

2歳以降になると、自分の意思が出てくるようになります。

自分できる喜び、褒めてもらえる喜びを感じられる学習を行います。
個人差はありますが、言葉を覚えてくるのもこの時期です。
数や文字などを使った学習も良いでしょう。
いやいやではなく、自分でやりたい!という気持ちを養います。
また友達や先生とのコミュニケーションを取ることにより、思いやりなど心の成長も促します。
この時期から社会性が身につくと、幼稚園や小学校にもなじみやすくなるでしょう。

幼児教室の選び方

幼児教室は全国にたくさんあります。
どうやって選んだら良いの?と思うのではないでしょうか。

通いやすい距離

自宅から通いやすい立地にある幼児教室がおすすめです。
あまり遠いと、通うだけで疲れてしまう…なんてことになってしまうでしょう。
電車で行くなら駅に近い、車で行くなら駐車場があるなども重要です。
週に1度しか行かないので少しくらい遠くても大丈夫と思ったけれど、実際は通うのが大変で続かなかった…なんてこともあります。

費用がどのくらいか

幼児教室の授業料は、それぞれに設定されています。
家計の負担が大きくなってしまう幼児教室は、おすすめできません。
予算を決めておき、その範囲内で収まる幼児教室を選ぶのが良いでしょう。
不安が大きすぎると、続かないケースがほとんどです。

子供が行きたがるか

幼児教室は子供との相性があります。
評判が高いところでも、実際に行ってみると子どもには合わない…という場合もあります。
子供が楽しく過ごせ、行きたがる幼児教室を選びましょう。
子供が嫌がるのに無理やり通わせると、トラウマになってしまい学習が嫌いな子になってしまいます。

先生の質はどうか

先生の質が良い幼児教室は、子供に良い影響を与えます。
子供の扱い方に慣れている先生が多い幼児教室が良いでしょう。
子供の個性に合わせて対応してくれますので、良いところを伸ばしてくれる可能性が高いです。
また親が相談しやすい雰囲気であることも重要です。
幼児教室は家庭との連携も大切ですので、話しにくい雰囲気の先生が多い幼児教室は避けましょう。

口コミを調べてみる

実際に通っている子供や保護者が、どのような口コミをしているのか調べてみましょう。
良い口コミが多いところを選んでみてください。

幼児教室は無料体験教室を設けています。
どのような雰囲気か、実際に体験してみるのが良いでしょう。
1つだけでなはく、いくつかの体験教室に参加して、最も良いと感じるところがおすすめです。